『おへそのひみつ』やぎゅうげんいちろうさく|4歳からおすすめ絵本

4歳からおすすめ
けろまま
けろまま

おへそってなぁに?

なになにブームのときにおすすめの絵本です。

『おへそのひみつ』基本データ

  • 作 やぎゅうげんいちろう
  • 発行所 株式会社福音館書店
  • 出版年 1998年4月
  • ページ数 28ページ
  • サイズ 26×23㎝
  • 読んであげるなら 4歳から
  • 自分で読むなら 小学校初級から

『おへそのひみつ』おすすめポイント

好奇心旺盛な、なになにブームのときにおすすめの絵本です。

身近なおへそについて、

面白おかしく描かれている部分は

子どもたちの心をぐっとつかみます。

子どもの誕生日のときに

赤ちゃんの時の写真を見たり

『おへそのひみつ』を一緒に読んだり

へそのおを実際に見てみたりするのもおすすめです。

『おへそのひみつ』感想

長男も次男も『おへそのひみつ』が大好きです。

絵本の中の子どもたちと一緒に

おへそがなんなのか、かざりなのか、

2こあったらどうなのか、あれやこれやと2人で言いながら

毎回楽しみながら読んでいます。

おへそについてわたし自身深く考えたことがなかったのですが

『おへそのひみつ』を息子たちと一緒に読んで

お母さんのおなかの中にいた証拠だと勉強になりました。

身近なものに興味をもって、

なんでだろう?と考えるきっかけになる

素敵な絵本だと思います。

最後に・・・

やぎゅうげんいちろうさんの絵は

味があって読めば読むほど絵本が愛おしくなります。

子どもたちの好奇心を育てるためにも

ぜひ一度読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました